会計税務最新情報

ホーム » 会計税務最新情報

  

04.12.2024 | カテゴリー, Tax

シリーズ第7回目は日本居住者による米国への不動産投資についてです。  物価上昇にともない不動産価格、賃貸料ともに上昇するアメリカの不動産は注目される投資の一つです。米国での不動産投資により得られる不動産賃貸所得、売却損益は確定申告で報告する義務があります。また、米国への確定申告を行うためには、個人納税者番号(ITIN)の取得が必要となります。ITINの...
詳しく見る

  

03.29.2024 | カテゴリー, Tax

出張者に関する課税条件   シリーズ6回目は、長期出張者の税法上の取り扱いについてです。  多くの企業で、日本から出張される社員の数もコロナ前の水準に戻りつつあるものと思います。日本からたびたび米国に出張される社員の中には、予期せず滞在が長期にわたり米国で納税が必要になる場合があります。ここではどのような条件下で納税が必要になるかを見ていきます。...
詳しく見る

  

03.15.2024 | カテゴリー, Tax

米国個人所得税確定申告シリーズ - (5)  米国市民権保持者の申告書類提出義務と申告漏れの救済措置  アメリカ市民権、または永住権(グリーンカード)を所持している方は、たとえアメリカに居住していなくても米国税法上はアメリカ居住者(Resident)となります。シリーズ第3回でお伝えしたように、アメリカ居住者はアメリカで所得がなくても全世界所得が...
詳しく見る

  

03.01.2024 | カテゴリー, Tax

シリーズ第四回目は外国金融資産の報告義務についてです。米国で税法上居住者となると、米国外に保有する金融資産の報告が必要となります。報告は二つの様式で行います。    [pdfjs-viewer url="https://www.eos.cpa/wp-content/uploads/2024/03/2024-03-01-外国金融資産の報告...
詳しく見る

  

02.16.2024 | カテゴリー, Tax

外国人の居住・非居住判定    アメリカでは個人が確定申告をする義務があり、その際の申告身分により課税対象となる所得や控除可能な項目が異なります。ご自身が税法上の居住者 (Resident)となるか、非居住者(Non-Resident)となるかを把握することは重要です。なぜならば両者には申告しなければならない所得に大きな隔たりがあるため...
詳しく見る

  

02.09.2024 | カテゴリー, Tax

2024 年 1 月 1 日より、企業透明性法 (Corporate Transparency Act)による、一定の企業の所有者またはコントロールする個人(合わせて「受益所有者」)の連邦政府への受益所有者に関する情報報告制度、Beneficial Ownership Information (“BOI”)が開始しました。 以下にBOI報告の概要を記載して...
詳しく見る

  

02.02.2024 | カテゴリー, Tax

シリーズ第2回目はキャピタルゲイン・ロスについてです。キャピタルゲイン・ロスとは、証券、株式、仮想通貨/暗号通貨のような個人資産または、不動産などを売却した際に発生する損益のことです。キャピタルゲイン・ロスは一般的に購入価格と売却価格の差による収益となります。 [pdfjs-viewer url="https://www.eos.cpa/wp-cont...
詳しく見る

  

02.01.2024 | カテゴリー, Tax

Work Opportunity Tax Credit (就労機会税額控除、以下 ”WOTC”) は、雇用者が、就労面で常に重大な障壁を抱える特定の対象グループに属する人々を雇用する場合に利用できる連邦税額控除です。特定の対象グループには、貧困家庭一時扶助受給者、退役軍人、元重罪犯者、指定地域住民 (Empowerment Zone, Rural Renew...
詳しく見る

  

01.19.2024 | カテゴリー, Tax

米国での確定申告  今年も、米国で確定申告を行うのに役にたつ情報を7回にわたって掲載します。シリーズ第1回目は米国での確定申告の概要についてです。確定申告をする必要があるの? その場合どのような所得を申告すればいいの? どのような控除がとれるの? 提出の期日までに間に合わない場合どうすればいいの?等、4 月15日(月)が期日となる2023年度確定申告を行う...
詳しく見る

  

12.22.2023 | カテゴリー, Tax

企業が研究開発費クレジット(R&Dクレジット)の還付請求に必要な情報を提供するための猶予期間が延長されました。  2021年、Internal Revenue Service(内国歳入庁、以下“IRS”)はR&Dクレジットを申請する納税者に、より多くの情報を求めるガイダンスを発表しました。このガイダンスにて、R&Dクレジットの還付請求が有効になるために...
詳しく見る

当事務所についてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください

お問い合せ